株式会社三共運輸では運送の安全を確保するために、
社長以下社員全員が一丸となって次のとおり取り組みます。

~経営理念~


真心で旅客、貨物の輸送サービス


~安全方針~


1. 輸送の安全確保を最優先とし信頼される会社をめざします。

2. 安全輸送に関する法令及び社内規則を厳守します。

3. 常に輸送の安全性の向上に努め、継続的に見直し・改善を行います。

4. 環境に配慮し、お客様の要求に応じた安全・安心を提供します。

~令和3年度(2021年度)安全目標~


1. 人身事故      ・・・・・ 0件

2. 有責物損事故    ・・・・・ 4件以下(令和2年度実績5件)

3. アルコールチェック ・・・・・ 違反0件

~令和2年度(2020年度)安全目標の達成状況~


令和2年度の当社の安全目標の達成状況を報告いたします。

目標達成状況
1.人身事故0件人身事故はゼロを達成しました
2.有責物損事故前年度(8件)の50%以下有責物損事故が5件あり達成できませんでした。(トラック3件・バス2件)

3.アルコールチェック違反
0件アルコールチェック違反が2件あり達成できませんでした。(トラック2件・バス0件)

※事故内訳

トラック有責・物損3件
・不注意による物損・軽微事故2件
・構内不注意による事故1件
バ ス有責・物損2件
・入庫時の不注視による事故1件
・対向時の不注意による物損事故1件

事故に関する統計

自動車事故報告規則第2条に規定する統計

貨物貸切
令和2年度00
令和元年度00
平成31年度00

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  • マイクロバスのドライブレコーダーが不良になったため、デジタコ・ドラレコ一体型に変更
  • 新型コロナウイルス対策としてバス全車に運転席と客席の間にアクリル板またはビニールカーテンを設置
  • 新型コロナウイルス対策としてバス全車に「光触媒コーティング」を施工
  • 定期健康診断・睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査の実施

輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

安全管理体制組織図(PDF:1ページ 154KB)

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

  • 運転者に対して行う一般的な指導及び監督の指針に沿った教育
  • 労基法・改善基準告示の教育
  • ドライブレコーダーから取得した映像を用いた教育
  • 外部機関による輸送の安全に関する講習会
  • 適正診断(一般・初任者・高齢者)の受診ならびに結果に基づく個別指導
  • 事故・災害等緊急時における乗客の安全確保を想定した訓練
  • 普通救命講習(Ⅰ)

輸送の安全に係る内部監査の結果並びに
それに基づき講じた措置及び講じようとする措置

輸送の安全に係る内部監査を実施し、安全管理体制の取り組みが適切に遂行できているかを検証しました。
重点施策であるドライブレコーダーの映像を有効活用して運転者の安全に対する意識向上を図ったり、新システムの教育制度を導入することにより、安全確保をするためのスキルを浸透させ、継続的に事故防止に取り組んでいることを確認できました。
その結果、安全目標である有責物損事故件数及びアルコールチェック違反件数を減少させることができましたが、目標達成までには至りませんできた。
引き続き安全目標の一部を見直して新たな目標を策定し、引き続き各種法令を厳守し、安全確保に関する整備・教育を行うと共に、運輸安全マネジメントへの反映・検証に取り組みます。

安全管理規程

安全管理規程(PDF:6ページ 1.214KB)

安全統括管理者

取締役 奥井 晴善